fbpx

喜びの循環に入っていくおさいふ

おさいふのふしぎ おかねのふしぎ

みなさま こんにちは。

ANTASKALANA JAPANスタッフのななこです。

 

少しずつ秋の気配がしてきました。空も秋模様です。

私は空を見上げるのが大好きです。

見上げると、いつも当たり前のようにあるけれど、1日として同じ空はなくて、

その時その時、出会える空に元気ややすらぎをいただいています。

さて、今回は先回からのつづきです。(先回のコラムはこちらから。)

 

「実験してみます!」と宣言しました。

いっしょにしてくださった方、ありがとうございます。

いかがでしたか?

 

この実験中、お会計を待っている間、

「この方は結婚しているのかな?」

「この方は何人家族なのかな?」

「この方の趣味は何だろう?」

と想像するようになりました。

一歩間違えるとあやしいですが・・・。

そうしたら、“レジの人”が“○○さん”に変わりました。

〇〇さんが私の中で、動き始めた感覚です。

“ただのレジの人”から、“〇〇さん”になりました。

距離もぐぐっと近づいて、目の前の〇〇さんに興味が出てきたんです。

 

すると自然に「〇〇さんにいいことがありますように。」という願いが出てきました。

そして、その想いを込めてお支払いしました。

 

とてもうれしいという感覚でした。

「いいことがありますように。」と祈りたいと思える人がいること。それがうれしいのだと思います。

とても小さなことかもしれないけれど、目の前にいる人のために私にできることがあることがうれしい。

 

 

“お金を支払う”ということは“ご縁を結ぶ”ということ。

ただ“行為”をするのではなく、こんなふうに、お金に「喜び」のエネルギーをのせて届けること。

それがとても大切です。

 

なぜなら「自分が出したエネルギーがかえってくる」からです。

笑顔の人を見ると、思わず自分も笑顔になったりしませんか?

それと同じで「喜び」を出せば「喜び」がかえってきます。

ということは、

みなさんのもとにやってくるお金は「喜びのお金」になり、

日々の暮らしにも「喜び」がたくさんやってくるんです。

 

“お支払いをするたびに「喜びの循環」に入っていくお財布”がGraceの長財布です。

この実験は私にこんなことを気づかせてくれました。

 

「今目の前にいる人を大切にしよう。」

「今いっしょにいてくれる人を大切にしよう。」

 

こんなこと当たり前です。

でも、考えことがあったり、忙しかったりすると、ついそのことに夢中になってしまう私がいます。

 

この一か月、目の前にいっしょにいてくれる人がいるのに、

ひとりの世界に入ってしまう自分に何度も出会いました。

 

これからは、ご縁あって出会った人たちとの

“今”という時間を喜びいっぱいで過ごしたいと思います。

 

 

次回は10月12日(月)です。

そのころには、すっかり秋でしょうか?

また来月お会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

ななこ

ANTASKALANA/アンタカラーナに関わる文章の編集や校正などを担当している。生まれも育ちも名古屋。好きなものは、おさんぽと温泉とおにぎり。そしてなにより、最愛の彼。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA